1. ホーム
  2. ベテラン社員一覧
  3. ベテラン社員

ベテラン社員STAFF VOICE

Yutaka Sato

佐藤 浩 [サトウ ユタカ]

  • 研究開発部 課長
  • 入社年 /1992年

マルハチについて一言

独自技術を盛り込んだ高品質な商品を次から次へと生み出し、お客様、社員、地域の皆さんから喜んでいただける会社。

● 性 格  / 人前が苦手、うらで好奇心旺盛、負けず嫌い
● 血液型  / A型
● 趣 味  / ランニング、登山、スノーボード、サックス
● 座右の銘 / It always seems impossible until it’s done.
● 好きなマルハチ商品 / 若もぎ小茄子

 

●どんな仕事をしていますか?

入社してから現在に至るまで商品開発、技術開発の仕事をしています。
商品、技術開発をする上でどんな小さいことでも技術情報は聞き逃さず、すぐに取り出せるようにしておきます。
物事を仮説検証すること、絶対できると思って取り組むこと、得た情報はすぐ取り出せるようにストックして、必要な時に自分流にひねって取り出すこと。
これが私の商品開発、技術開発に対する仕事です。

 

●仕事で得たやりがいや嬉しかったエピソード

一番のやりがいは商品化に貢献できることです。
日々の仕事においては、難しいことでも出来ると思って取り組み、仮説を立ててまずやってみる。それが明日の楽しみになるし、うまく行けば大きなやりがいを得ることが出来ます。不安が大きければその分、やりがいや楽しみはさらに大きくなると思っています。

私が入社した当時、研究開発部の先輩社員たちが初の透明液の茄子漬「まるっこ」の開発に苦戦中でした。2年目のある日、当時の開発部長から「まるっこ」の開発をやってみないか?と声をかけられ、開発担当となりました。

しかし、何をどうすればいいか分からない。そんな時「考える前にまず動く」ということを教わり、深く考えずにまずやってみました。すると少しずつ良い試験結果が得られるようになっていきました。そうしているうちに自分でいろいろな発想が浮かび仮説がどんどん生まれ、翌日の結果がどんどん楽しくなっていきました。毎日の出勤が楽しい!翌朝冷蔵庫をのぞくのが楽しい!それらを繰り返すうちに「まるっこ」の商品開発に貢献することが出来ました。

 

●これまでどんな困難に直面して、それをどう乗り越えましたか?

商品開発は困難という壁の連続です。
それでも出来るはずだと信じて取り組み、とにかく情報収集をしまくること。
お客様が求めているニーズや声の中からヒントを得られることもあります。
あとはやるしかない。乗り越えるためには、徹底的にやることです。

 

 

●仕事に取り組む時に大切にしていること

出来るはずだと信じていろいろ取り組むこと。
常に思いを巡らすこと。
技術情報はすぐに取り出せるようにストック。自分流を必ず加えること。
情報を持っていてもそれをもとに実行しなければ意味がないので、まずやってみる!
これらを大切にしています。

 

●夢や今後の展望を聞かせてください。

世の中に驚かれるような商品を生み出し続けること。
これからも「他社が真似できない」に大きく貢献していきたいです。

その他のベテラン社員

採用情報